過去公演 > 38℃ (2006)

38℃

  • 第11項
  • 38℃
  • 38℃
  • 「これから皆さんの自由を拘束します」

    ある大学病院の一室で行われる公開講座が、三人の男たちに乗っ取られる。
    武器ではなく言葉による制圧。
    彼等は何者か。

    「目的は何だ」

    場内には三人の医師。医師は制圧者に問いかける。
    彼等は、この部屋にいる傍聴者を守らなければならない。

    「仲間でもなければ人質でもない」
    傍聴者を眺めながら制圧者は言う。
    「彼等は目撃者だ」

    三人の医師と三人の制圧者。
    踏みにじられた公開講座のタイトルは、『抹消される薬害』
    密室と化した部屋で、彼等はただ言葉を交わす。
    やがて一人の医師とウィルスの存在が浮かび上がった時に、6人の男たちの思惑は爆発する。

    医療に携わる者の視線から描く、これは紛れもない暴力の物語。

  • 作・演出 野木萌葱
  • 出演 植村宏司 杉田健治 西原誠吾 井内勇希 大塚秀紀 小野ゆたか 中田顕史郎
  • 劇場 渋谷 space EDGE
  • 日程 2006月9月22日(金)~9月24日(日) 
    5ステージ
  • photo-gallery

    戻る

2017年06月19日 第38項終演しました

第38項「九回裏、二死満塁。」はすべての公演を終了いたしました。
たくさんのご来場本当にありがとうございました。